« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

戻ってきたー

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2009 ー酔杯リターンズー
12月21日 Zepp Tokyo

に行ってきた!!

まず、ゲストのDE DE MOUSEさん
登場の仕方がなんか締まりがなかった笑

5曲くらいやりました
1曲も分からなかったけどねっ笑←

曲の構成がプロ!
ドラムセット?が3つで今までにない感じ

アジカンとはまた全然ちがくて良かったです(´v`)

で、アジカン!

はっきり言うとそこまで楽しかったー!!
と素直に思えるライブじゃなかったです(´`)
ぶっちゃけそー思ったのはあたしだけじゃないって言い切れる

セトリに物足りなさがあるのは
あたしの個人的な意見で笑
内容はほんとーに良かったです!
アジカン本人たちは最高でした

新曲を2曲もやってくれて
ミッシェルのカバーをし
その訳をとか十二進法の夕景とかワンマンならではで良かった!!

特にリライトのアレンジはかっこよくておもしろかった笑(゜∀゜)

「お前は誰だ ケンだ」
みたいな!笑←
ごめんなさい
これ行った方じゃないと伝わらないよね笑

お客さんを2人ステージに上げて
みんなで一緒にセッション!

そのお二方羨ましいっす笑

あのままダイブすれば良かったのにって思った(^o^)←
あの盛り上がりならいけたんじゃん?笑
アジカンじゃ叩かれるかな

↓ ↓ ↓

セトリ

新世紀のラブソング
サイレン
マジックディスク(新曲)
ブルートレイン
ライカ
長谷サンズ
惑星
その訳を
白に染めろ
未だ見ぬ明日に
十二進法の夕景
そうしよう(新曲)
夜のコール
バードメン(カバー)
振動覚
リライト
アフターダーク
転がる岩、君に朝が降る

EN1
君の街まで
君という花

EN2
アンダースタンド
新しい世界

ねだってみるもんだね
まさかのダブルアンコール!!\(^o^)/

ごっちたち本人もまさかだったから
やる曲決めてないと言ってました!

なぜかエントランスがかなり人気だったけど
あたしは絵画教室やってほしかった!

だめだったけど...
また絵画教室はおあずけだぁ(´`)

最近モッシュとかダイブが激しいライブに行ってたから
すごいかわいいライブに思えました(^ω^)

もうちょっとモッシュがあってもいいかなって思った
ま、最近の曲じゃ無理そーだけれどもー
それにモッシュしたいなら違うライブ行けってね、言われそう笑

MCもすごく多かった!
ごっちの「うるせぇ!」
強気で良かったし笑

不快に思った話をさせてもらうと
髪長い人は結んでほしいです(´・ω・`)
とにかくこれに限ります!
女の人が多かった分
今回のライブでめちゃくちゃ思いました

あたし的には隙間がある後ろで見る分には
ブーツ、パンプス、スカートを履いて来よーが
制服で来よーが
髪下ろしたりお団子してよーが
荷物持ってよーが
いいんです

けど前で楽しもうとするならライブハウスの最前線で楽しむ服装と心構えできてほしい!
これほんと切実に!

服装ってどんなの?
心構えって何?
こんなの検索すればいっぱーい出てくるから
初めてロックバンドのハコのライブ行くなら多少目を通してから行って!!

髪結ばずに目の前で
頭振られたら迷惑です
自分で体験しないと分からないかもですが
ほんっとにかなり迷惑です

あたしも最近までそこまで迷惑じゃないだろー
って思ってたけど
体験して分かりました

それと一緒になって歌う人
でもこれはたしかにテンション上がるとついついなんですよね(・ω・`

恒例のよーに大合唱するよーな曲もあるし
難しい

あとMC中にきゃーきゃーうるさすぎる
歓声があるのは盛り上がってる証拠だけど
何もアーティストがしゃべってるときにまで叫ばなくていいでしょー(-∀-)

歓声があって盛り上がってるけど聞くときは聞く!ってライブはちゃんとあります

先生がいくら静かにしろーって叫んでも静かにならない1000人くらいの生徒がいるのに

1つのアーティストさんが好きで集まった3万人くらいの人はアーティストさんの一言でしんっとなる

こんなことだけど
すごいなって感動したことあるの
アジカンライブもそーなってくれればいいのに

と、いろいろ悪いとこ書いたけど
良い人もいました!!

タオルで口抑えてたら(癖なんです笑
大丈夫ですか?って声かけてくれた方がいたんですよ!!

悪いことだらけじゃないから
素直に楽しかったー!って思えるライブにこれからでもなっていったらいいなっ♪

なんか本編の話より
マナーの話の方が多くなっちゃった笑

それでもアジカンのライブは行くけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »